阿智野菜通信  No.102(2013.1.1)

 

 

明けましておめでとうございます。お正月、如何お過ごしでしょうか。

 

全国的にもそうでしたが、こちらも12月に入ってすぐに厳しい冬が来てしまいました。いつもの年であれば村内にある三ヶ所のスキー場は、年内にはあまり雪が降らず、降雪機を使って雪を降らそうとしても温度が下がらず、年末のオープンができるかどうか四苦八苦しているのですが、今シーズンはたっぷりと天然雪が降り、予定通りに開くことができました。

山の上のスキー場だけでなく里も何度も雪に見舞われ、先月の屋外での農作業はあまりできませんでした。特に計算外だったのは、12月に収穫する予定の露地栽培の葉物類が雪で潰され、更に上に乗った融けない雪で傷んでしまいあまり収穫できなかった事です。

そのため、仕方なく1月のセット用にハウスで作っている葉物を少し早どりしてきましたが、残りが少なくなってきました。漬物もあまりの寒さに漬け込む機会を逸してしまい、未だ漬けることが出来ていませんので、セットに入れることが出来ないと思います。

 

野菜の発送も残すところあと一ヶ月になりました。1月の配送日について、金曜着の一部の方には日曜着に変更させていただきましたので、よろしくお願いします。今月のセットは、先月と大体同じような内容で、大根、キャベツ、人参、じゃが芋、玉ねぎなど保存しているものが中心になります。ハウスの葉物類は、先月に先取りしてしまったために、後半は無くなってしまいます。

その代わりという訳ではありませんが、夏の間に作っておいたトマトピューレの瓶詰めが入ります。材料はトマトだけで塩は加えていません。長期保存できますので、直ぐに使わなくても大丈夫です。

 

今月の出荷が終われば、またすぐに来季に向けての種まきが始まります。今月の終わりには育苗ハウスに設置した温床に玉レタス、サニーレタスから播き始め、2月からはキャベツ、ブロッコリー、白菜など、3月になったらトマトやナスなどの夏野菜の種を播いていきます。

 

今季は通信の発行をサボってしまいました。来季は例年通り月に一回は通信を発行していきたいと思っています。

また、インターネットを活用して色々やっています。

ブログとツイッターで『阿智村有機農業日記』というのを書いています。ブログは阿智村と有機農業の事を中心に、ツイッターは社会や政治について硬い表現をしています。ブログもツイッターも検索すれば見ることが出来ますので、インターネットをやられている方は気が向いたら見てみて下さい。本名でフェイスブックもやっているのですが、こちらは地域作りの道具として使っていて、ご近所の知り合いとやり取りをしています。

 

自公に政権が代わって、この社会は一体どうなってしまうのだろうかという心配が大きいのですが、負けない地域を作ることから始めることが未来を切り開くことになるのだということを確信しています。

今年も仲間と被災地に届ける米を作り、農業を選んだ若い人たちと共に田畑を耕していくことになると思いますが、その輪は毎年少しずつ大きくなり、地域の未来を担う主体が育っている事を心強く感じます。

 

2月から5月までの四ヶ月間は発送をお休みさせて頂き、再開は5月下旬か6月からになります。また事前に配送の再開についてご案内させていただきますのでよろしくお願いします。今季もありがとうございました。

園主のブログ
阿智村有機農業日記

園主のツイッター
@kerokero100show

園主のFacebook
市川 勝彦

阿智有機農園

園主:市川勝彦

所在地:
長野県下伊那郡阿智村伍和2386ー2

電話番号:
0265-43-4766(夜間)
090-4462-1430(昼間)  

メール:
info@100show